どーでもいいことを知るために

日常と病みからの屁理屈と夢集め マイノリティの発信

本当は今日帰国のはずだったんだよ???

 

f:id:ca__530:20170906173950j:image

 

 

夏ももう終わりですね、ニート生活極めていました。

どーも、きゃんちです。

 

 

 

 

知っている人もいるかと思いますが、

きゃんち、財布だけではなくパスポートも取られてたよ☆

 

 

 

 

さかのぼること8月26日、、、、

財布を盗られて、やる気喪失、、、

 

詳しくはここから

 http://cacasekaife.hatenablog.com/entry/2017/08/26/075427

 

 

 

 

f:id:ca__530:20170906174812j:image

 

 

 

しかし、落ち込んでいるのももったいない!

シンガポールを観光。

f:id:ca__530:20170906174734j:image

 

f:id:ca__530:20170906174757j:image

 

 

 

 

 

だが、発展しすぎていて、半日で飽きる。

発展国は3日で飽きるが、途上国は3日で慣れる

ここテスト出るよ!!!!←黙れ

 

 

 

 

 

アジアの慣れ慣れしい勧誘、カオスな街並み

それに慣れていた僕は、すぐさま次の国、ベトナムの航空券をゲット。

 

 

 

 

そして、当日。

飛行機に乗るために、チャンギ国際空港へ、

あは☆発展しすぎていてもうここ東京やん!

とか思いながら

 

 

 

f:id:ca__530:20170906175114j:image

 空港で食べたなんかわからないやつ 

 

 

 

 

そろそろ搭乗手続きしよっと、

パスポートを探す。

 

 

 

 

あれ~どこに入れたっけな?

 

 

 

 

 

見つからないな~?

 

 

 

 

 

待ってほんとになくね?

 

 

 

 

 

 

、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

おおおおおおおおおいいいいいいい

パスポートねえじゃねえかあああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっからはほんとに大変でした、、、

 

 

 

 

 

 

警察行って状況説明して、

ポリスレポートなるものを発行してもらい、

大使館に行き、手続きをしてもらい、

 

 

 

f:id:ca__530:20170906174943j:image

 

 

 

帰りのチケットはタイからの

航空券しかなかったので

泣く泣くシンガポールからからの

片道航空券を取り、、

(予算オーバー)

 

 3日連続1日1食で安い料理食べ 

水のみの生活、、、、

 

f:id:ca__530:20170906175150j:image

 

f:id:ca__530:20170906175244j:image

 

f:id:ca__530:20170906175303j:image

 

 

 

 

なんとか帰国することができました、、、

 

 

 

 

 

一応、ここで簡単にパスポートを紛失・盗難された場合

どう対処すればいいか、紹介しておきます。

(経験者が語るから言葉の重みが違うよ☆)

 

 

 

 

 

まず手段としては
  • パスポートを再発行
  • 緊急で「帰国のための渡航書」発行
の二つに分かれます。
 
 
 
けれど、この二つをするに当たって、
まず必ずしないといけないことは
警察に行くことです!!!!!!!
 
 
 
 
警察に行って、事細かに説明して
ポリスレポート(被害届のようなもの)を発行してもらわないといけません。
 
 
 
これをしないとたとえ大使館に行っても
門前払いを食らいます。
 
 
 
ちなみ英語ができない僕からするとこの工程が一番しんどかった。
現地の警察は日本の警察と違って態度も質素。
(僕は3時間かかりました☆)
 
 
 
 
そして、証明写真を2枚持参する。
僕は一応証明写真は持っていたのですが
1枚しか持っておらず、現地で撮りました。
調べたら、撮れるところはあると思うので
その国その地域で検索してみましょう!
 
 
 
 
そして、その2つをもって大使館へ
大使館も僕の場合平日しか開いてなかったので
発覚直後、土曜日だったので
月曜まで待機しました、、、
 
 
 
 
そして意外と見落としがちなのが
発行手数料!!
これは現地のお金で払わないといけなくて
僕の場合は、31ドルかかりました。
クレジットも使えないので、
現地のお金がない場合は
国際キャッシングなどで対応しましょう。
 
 
 
 
もしパスポート再発行の場合
これに加えて、
戸籍謄本の原本が必要になるので
持っていない場合、日本から郵送してもらうことになります。
 
 
 
郵送してもらい、さらに再審査をされるので
ざっと見積もって1週間ぐらいは現地で過ごすことになります。
僕はそこまで待てなかったので
「帰国のための渡航書」を発行する流れになりました。
 
 
これが発行してもらった
「帰国のための渡航書」
本当にパスポートの代わりって
感じで薄っぺらい。
 
 
f:id:ca__530:20170906175422j:image
 
 
 
大きな流れとしては
警察に行く
証明写真を2枚ゲットする
現地通貨を持参
大使館へ
そこからどうするか
となります。
 
 
 
 
大雑把に書きましたが、流れはこんな感じでした。
参考にしたサイトです。
ここに詳しく書いてあります。
(本当にお世話になりました)
 
あと個人的に大変だったのは
空港での手続き。
 
 
大使館の人に、
「早めに空港行ったほうがいいですよ」
と言われたので3時間半前には
空港にいましたが
中に入るまで、3時間かかり
搭乗時刻ギリギリでした。
(質問されたり、指紋を取られたりなど)
 
 
 
 
まあそんなこんなで
1週間早く帰国をしました、、、
 
 
 
 
 
今回の旅で感じたことが2つあって
まず1つは、自分の危機管理能力の低さ。
気を付けていたものの、
やはり慣れが出てしまい
このような目に遭ってしまいました。
 
 
 
 
 
もう1つは、自分の英語力の低さ。
もっと自分が英語を話せれば
スムーズに対応できていたかなと思います。
 
 
 
 
 
今回の件で本当にいろいろな人から
心配の連絡が来て、とても励みになりました。
 
 
 
現地の警察も対応が質素とはいえ
「なんかあったら連絡して」
と電話番号くれたり
 
f:id:ca__530:20170906175049j:image
 
 
 本当に色々な人に助けられました。
感謝です、、、、
 
 
 
一応これで、この件の報告は終わり!
なんだかんだありましたが無事帰国できたし!
終わりよければ、全て良しかな!!(雑)
 
 
 
 
次のブログで
今回の旅のまとめをしたいと思います!
 
 
 
皆さんお待ちかねの旅動画も作ったので
是非見てね!てか見ろ!一生懸命作ったから!
ではまた次回!!!お楽しみに!!!
 
 
 
きゃんち