どーでもいいことを知るために

日常と病みからの屁理屈と夢集め マイノリティの発信

冒険の夜明け(ワンピース風)

 

どーもお久しぶりです。きゃんちです。

 

f:id:ca__530:20170317022847j:image

 

 

やっとこのブログを始めたきっかけがやってきました。

 

 

旅のことを書くためです。

 

 

カンボジアにいます。

 

 

出発は羽田からでした。初羽田です。

f:id:ca__530:20170317020821j:image

 

f:id:ca__530:20170317020838j:image

 

 

羽田で出国手続きドタバタして、フライトギリギリでした。笑

 

 

f:id:ca__530:20170317020907j:image

 

 

広州でトランジットして、いよいよカンボジアです。

 

 

気温32度。えぐい。暑い。蒸し蒸し半端ないっす。

 

 

f:id:ca__530:20170317021931j:imagef:id:ca__530:20170317021221j:imagef:id:ca__530:20170317021211j:image

 

 

 

トランジットで疲れてたんで、ひたすら宿でカンボジア人と折り紙してました。笑

 

 

 f:id:ca__530:20170317022443j:imagef:id:ca__530:20170317022446j:imagef:id:ca__530:20170317022455j:image

 

 

 

仲良くなったカンボジア人と

f:id:ca__530:20170317021306j:image

 

 

 

 

そんなことしてると、話しかけられ仲良くなり

日本人の人たちとナイトマーケットでご飯食べました。笑

 

 

 

f:id:ca__530:20170317021601j:imagef:id:ca__530:20170317021934j:imagef:id:ca__530:20170317021538j:imagef:id:ca__530:20170317021603j:imagef:id:ca__530:20170317021609j:image

 

 

 

明日はこのメンツでアンコールワットに行くことになりました。笑

 f:id:ca__530:20170317022548j:imagef:id:ca__530:20170317022626j:imagef:id:ca__530:20170317022601j:imagef:id:ca__530:20170317022623j:image

 

 

みんな1人旅、、 

 

 

住んでるところもばらばらだし、色々な話が聞けて新鮮でした。

 

 

f:id:ca__530:20170317021822j:image

 

 

きゃんち

 

 

人を見下してる自分を見下して生きる

どーも、きゃんちです。お久しぶりです。

 

最近忙しくて更新出来なかったです。

 

初めて書いた「正義と悪について」の話は割と反響があってとても嬉しかったです。。

 

これからも気ままに更新していこうと思います。

 

今回はいつも自分が心がけていることの一つを切り出して、話そうと思います。、

 

みなさんも人生、生きてて人を見下してしまった経験ってあると思います。

 

例えば、ポイ捨てしてる人、ピンポンダッシュしてる人、万引きしてる人、、(主に小学生の時の体験)

 

そんな人達を、目の当たりにした時の自分って一体どんなでしょう。

 

少なからず、少年時代の私は、「あーゆう風にならないようにしよう」と自分を言い聞かせてました。

 

人って、なにかと自分を優位に立たせたがる動物だと思うのです。

自分が得意な分野やスキルを、自分より劣ってる人と比べて、安心したがりだと思うんですね。

 

それは人が自分に自信がないからです。

 

自信がないから、比べることで、優位に立ち、優越感に浸り、一時的な安心感を得ることによって、より良く生活していくんですね。

 

けど、その比較が自己解決で終われれば良いと思っていた少年時代でしたが、最近少し考え方が変わりました。

 

自分が安心させるために、人に対して比較を使うのは、良いとは思うのですが、私も未熟なもので、比較している人(劣ってる人)を見下してしまいがちです。

 

私は人一倍自分に自信がありません。これからも多分そうです。

だから、人を見下して、見下して、安心することによって自信をつけて、なんとか生活しているのは事実です。

 

しかし、このままでいいのか?って

 

見下すことでしか自信がつけられない、自分でいいのか?って嫌気がありました。

 

人を見下してる時の自分は、とてもブラックです。性格悪いです。人に対して偏見がすごいです。

 

この比較をしながら、優位に立ちたがる性格はこの先も長く続きそうです。

 

しかし、比較をして、人を見下している今の自分を肯定し続けるのも嫌です。

 

なので、見下してる自分、見下されてる相手、の関係を第三者的立場のようなもう1人の自分として、「見下してしか生きていけない自分ダセー」って思いながら最近過ごしてます。

 

自分がひねくれて、ひん曲がって、歪まないように。

 

自信がないから人を見下すが、その人を見下してる自分をさらに見下しながら、、、

 

結局、言いたいのは、自分一番ダサいってことです。笑

 

 

 

 

伝わるかな、この気持ち、、、、笑

 

 

きゃんち

 

 

結局どっちやねんの話

こんにちわ、きゃんちです。

 

 

 ブログ書き始めていきなりですが、

今回の内容は単刀直入に言うとクソどーでもいいこと&理解され辛い内容&めんどくさい内容です。そして駄文です。笑

 

正義と悪について、です。

 

 

この前、英語の授業中に洋画を見まして、CIA(アメリカの秘密諜報員、いわゆるスパイ)の陰謀論の話で、それを見て感想を書いてくると言うものでした。

 

映画自体は、とてもアクションシーンが多くて面白かったです。

 

映画の中で、先生がとにかく陰謀論(conspiracy)を強調してきます。

 

まあ別に頭の片隅にそのことを置いといて、見終わって、感想を提出しました。

(確か、アクションシーンが面白くて、俳優の演技が上手だったぐらいの拙い内容)

 

 

そうしたら、具体的な国名(グアテマラ、チリ、ベトナム、アルゼンチンなど)を提示されて、これと一緒にCIAを検索かけてまた、まとめてきてと言われました。

 

最初は、なんだろうと思っていましたが、ご察しの人はいるかと思いますが、該当するのは1940年〜2000年ぐらいまでのアメリカの裏での陰謀に関する記事がたくさん出てきました。

 

まあ簡単に書くと、時は冷戦で、共産化しようとした国にアメリカが反国軍に支援して、その国の共産化を阻止するものでした。

 

映画を見ていた時に、あまりに激しい内容だったので、フィクションだと思ってましたが、記事を読んでいくにつれて、映画よりももっと残虐なことが現実で起こってました。

 

僕は全く知らなかった事実に驚くと共に、アメリカが今この世の中、大正義アメリカとして、君臨している事に、少しだけ違和感を感じました。

 

アメリカの利益のために革命を起こさせ、そのおかげで大勢の人が死ぬ。アメリカいえーい

 

文字に起こすと簡単ですが、果たして何が正義なんだろうと考えました。

 

もやもやしたまま、感想文をまとめて先生に提出して、先生に「まさか現実でこんなに起こっていたとは思わなかった」と伝えました。

 

そしたら、先生が「言った通りでしょ?この問題は知っている人は知っているんだ」と言われました。

 

この出来事から、色々なことを絡ませてこれについて考えていて、

 

例えば、坂本龍馬達が江戸幕府を倒して明治維新する(日本史貧だからこの事実も合ってるか微妙)

その当時、世の中を牛耳ってたのは江戸幕府です。そして、それを倒そうとする明治維新側。

 

関係的には

正義:江戸幕府

悪:明治維新

な訳です。

 

しかし、僕なりに見ると、江戸幕府の他の国と干渉しない鎖国的な政治では、文明開化はなかった。だから、明治維新して、文明開化して外国文化が入ってきてよかったと思います。

 

なので今の僕の見方は

正義:明治維新

悪:江戸幕府

となるのです。

 

わかりにくいですよね?伝わりにくいですこれ

 

でもこれは何にでも当てはまると思うんです。

大前提、正義側は、多数派になりやすい。

しかし、多数派が絶対正義かと言われたら言い切れない部分もあると思うのです。

 

世の中にはこのようなことが身近にたくさんあると思うのです。

 

わからないからとりあえずみんながいる方へ〜

で正義になるのではなく、

正義と悪、どっちも自分の中で吟味した上でどっちかにつけばいいと思うのです。

 

最近だと、多数、トランプが大統領になったらやばいって言ってるからとりあえず批判しとく

みたいなのとか

 

イスラム国が暴れてるから、とりあえずイスラム教徒及びイスラム教やばい危ないみたいな

 

批判をするという事は、明確な根拠と自分の考え方を持ってしないとダメだと思うのです。

だって、人に否定されるのって誰しも嫌だと思いますし。

 

長々と書いてきましたが、着地点。

結局、正解はありません。

正義と悪、どっちの意見もしっかりとあります。

それを、正しく自分に吸収して、判断を下せる人に少なからず僕はなりたいと思っている。

 

そんな話でした。

 

こうやって書いてて自分もまだまだ未熟なので偏見で物事判断してしまうことも多々あります。

 

しかし、この事を気にかけてれば、多少は無知の偏見は改善されるのかなって

 

とりあえず「知る」を大切にしていきたいです。

 

 

きゃんち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして世界

どーもはじめましてきゃんちです。

 

昔から変な考え方とかどーなってその考えになった、とか言われ続けてるので、このどーでもいい僕の考えを形に残せたらなと思って書き始めました。

 

簡単に自己紹介でも

 

昔から海外に憧れがあって、高2の引越し派遣の時に出会った人の言葉をきっかけに、元々行く気になかった大学進学を決意。

 

入学した当初、留学を志すが、経済的な面と、自分の学力の低さに絶望。

 

でも海外への憧れは捨てられず、バックパッカーで自分でお金貯めて各地に行こうと思い、初異国の地タイで旅の魅力にどハマり。

 

そして、現地で感じる、ありきたりな初海外ならではのカルチャーショックにまたもや絶望。それから、色々考えながら、今に至る。

 

簡単にしか書いてませんが、こんな感じです。

 

これから気ままに自分の普段思うこととか書いていきます。暇がある時にでもふらっと読んでみてください。コメント大歓迎です。

 

 

きゃんち